ゴムの質を変える|安全な走行を足元から実現する|スタッドレスタイヤ捜索

安全な走行を足元から実現する|スタッドレスタイヤ捜索

メンズ

ゴムの質を変える

男の人

そもそも、スタッドレスタイヤとはどういうものなのか、雪の降らない地域にいる人は分かっていないことも多いです。そんな人でも旅行する際や引っ越す際に雪の降る地域に行かないとは限らないので、しっかりと知っておきましょう。スタッドとはつまり鋲のことを指しますが、これがいらないほど雪道や凍った道で滑らないタイヤのことをスタッドレスタイヤといいます。今では販売店でも当然のように取り扱われているこのスタッドレスタイヤですが、以前はスパイクタイヤが主流となっていました。スパイクタイヤはスタッドが付いているのですが、これはしっかりとスタッドを道に食い込ませるという機能を持っていたのです。スタッドが道に食い込むとその分道が傷ついてしまいます。それに応じて粉塵も舞うことになったので、だんだん使われなくなりました。

これに変わるために生み出されたのがスタッドレスタイヤで、なぜ滑らないのかというとゴムの質が違うためです。雪道でなぜ滑るのかといえば、これは氷上には水膜が張ってしまうからです。ゴムの質を変えることでこの滑りは解消できます。ゴムは低音になると硬くなってしまう性質があるので、それを冬用のタイヤでは柔らかいものを使っているのです。夏タイヤとスタッドレスタイヤではその点が異なりますが、スタッドレスタイヤではその他にも路面をしっかりひっかくようにゴムの「折り」を夏タイヤとは変えているという特徴があるのです。エッジが多く作られた溝がスタッドレスタイヤにはあるため、氷上の水膜も弾き、走ることができます。